交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

■4傷害部分の損害click!

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

■自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害click!

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

■自賠責保険各論 10慰謝料click!

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

■自賠責保険各論 14有職者click!

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

自賠責保険各論 20損害額の算出方法

自賠責保険 各論

 

20損害額の算出方法

 

死亡による損害=葬儀費用+逸失利益+死亡本人の慰謝料+遺族の慰謝料
死亡による損害は、個別的に積算して求めることを原則としています。

 

例 被害者が1才の男児で遺族慰謝料請求権者が1名のとき、

葬儀費用

60万円

逸失利益

41万5400円×12ヶ月×(1−0.5)×7.927=1976万円

死亡本人の慰謝料

350万円

遺族の慰謝料

550万円

合計

2936万円

 

自賠責保険の限度額は死亡で3000万円となっていますが、本件の場合は2936万円の支払となります。

逸失利益の計算の中で0.5とは生活比率、7.927は就労可能年数に対応するライプニッツ係数、就労可能年数は66年間ですが、
このうち17年間は小・中・高に進学し、就労をしません。
したがって、19.201−11.274=7.927と計算するのです。

 

例 2台の車の共同不法行為で年令30才の働く意思と能力を有する男子が死亡、
遺族慰謝料請求権者2名のとき、

葬儀費用

60万円

逸失利益

36万1800円×12ヶ月×(1−0.35)×16.771=4716万円

死亡本人の慰謝料

350万円

遺族の慰謝料

850万円

合計

5976万円<3000万円×2=6000万円

 

共同不法行為のケースでは、2台の車の自賠責保険に対して自賠責保険金請求が可能です。
0.35は生活比率、16.771は就労可能年数37年に対応するライプニッツ係数です。
本件は共同不法行為につき自賠責保険の枠が3000万円×2台=6000万円となります。
しかし、損害の総額は5976万円ですので、この金額が支払われることになります。

 
 
 

■自賠責保険各論 21遺族配分click!

■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト