交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 自賠責保険支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■1覚えておくこと=理屈はあとからついてくる、自賠3法の立証責任click!

■2重過失減額自賠3法の立証責任click!

■3自賠法13条 保険金click!

■4傷害部分の損害click!

■5慰謝料の計算方法click!

■6後遺障害部分の損害、後遺障害慰謝料+逸失利益click!

■7逸失利益と基礎収入click!

■8年齢別平均給与額click!

■9死亡による損害click!

■10自賠責保険の理屈、自動車損害賠償保障法の目的と運用=被害者救済click!

■11請求の形態click!

■12共同不法行為click!

■13異時共同不法行為click!

■14請求者への情報提供click!

■15自賠責保険と対人賠償保険の関係click!

■16自賠責保険の時効click!

■自賠責保険各論 1診療費click!

■自賠責保険各論 2治療関係費click!

■自賠責保険各論 3その他の費用=認定される損害click!

■自賠責保険各論 4その他の費用=認定されない損害click!

■自賠責保険各論 5消極損害、休業損害click!

■自賠責保険各論 6給与所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 7事業所得者の休業損害click!

■自賠責保険各論 8パートタイマー、アルバイト、日雇労働者の休業損害click!

■自賠責保険各論 9家事従事者の休業損害click!

■自賠責保険各論 10慰謝料click!

■自賠責保険各論 11その他の慰謝料click!

■自賠責保険各論 12死亡による損害click!

■自賠責保険各論 13死亡による逸失利益、逸失利益の計算click!

■自賠責保険各論 14有職者click!

■自賠責保険各論 15被害者が、幼児・児童・生徒・学生・家事従事者であったとき、click!

■自賠責保険各論 16その他働く意思と能力を有する者click!

■自賠責保険各論 18死亡本人の慰謝料click!

■自賠責保険各論 20損害額の算出方法click!

自賠責保険各論 21遺族配分

自賠責保険 各論

 

21遺族配分

 

(1)配分方法

被害者の損害のうち、被害者の相続財産となる部分、つまり、逸失利益と死亡本人の慰謝料については相続により
配分されます。

遺族の慰謝料に相当する部分は、遺族慰謝料請求権者に各々均等に配分されます。

被害者の総損害額が保険金額を超えるときは、損害額に対するそれぞれの請求者の取得分の割合をもって、
保険金額を按分します。 この場合でも、葬儀費は現に支出した者へ優先して支払うこととなります。

葬儀費は60万円〜100万円の範囲内で認定がなされます。
遺族から葬儀費用として100万円を超える請求がなされたときであっても、優先して支払える葬儀費の限度は100万円となります。

 

(2)遺族に行方不明者が

 

 

遺族の中に行方不明者がいるケースは、行方不明者の取得分を留保の上、処理することになります。 
行方不明になった遺族について、失踪宣告が実施されたときは、他の遺族からの請求に対して行方不明者の留保分を再配分することになります。 行方不明者に子供があるときは代襲相続人となります。
なお、失踪宣告のあった日の翌日が時効の起算日となります。

 

 

(3)行方不明者がいる場合の計算例

第1回請求
行方不明者の支払を留保し、残りの1名について支払う。

 

例 被害者が働く意思と能力を有する70才の老人で
相続・慰謝料請求権者が子供2名で内1人が行方不明のとき、

葬儀費用

60万円

逸失利益

31万4800円×12ヶ月×(1−0.35)×8.863=1675万円

死亡本人の慰謝料

350万円

遺族の慰謝料

650万円

合計

2735万円

留保額

(2735−60万円)÷2人=1337万5000円

認定額

2735−1337万5000円=1397万5000円

 

第2回請求
行方不明者に対し、被害者の死亡前に行方不明者が死亡した事を内容とする失踪宣告が確定したことを理由に、留保分の請求がなされる。 行方不明者に代襲相続が発生しないことを確認済みのときは、

 

例 被害者が働く意思と能力を有する70才の老人で
相続・慰謝料請求権者が子供2名で内1人が行方不明のとき、

葬儀費用

60万円

逸失利益

31万4800円×12ヶ月×(1−0.35)×8.863=1675万円

死亡本人の慰謝料

350万円

遺族の慰謝料

550万円

合計

1935万円

既払額

1397万5000円

認定額

1935−1397万5000円=537万5000円

遺族が2名から1名に修正され、支払が実行されます。

 

(4)民法882条による相続配分

 
 

死亡による損害額を相続で配分する場合の根拠は、民法第882条以下に従います。

 

民法882条による配分

相続人

配分の割合

配偶者と子

配偶者が2分の1、子が2分の1

配偶者と直系尊属

配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1

配偶者と兄弟姉妹

配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

共同相続人が嫡出子と非嫡出子の場合、

配分は2:1

全血の兄弟姉妹と半血の兄弟姉妹の場合

配分は2:1

兄弟姉妹の代襲相続

兄弟姉妹の子、つまり被害者の甥、姪に限られます。

養子

養親の嫡出子と同じ割合、

 

全血とは、父母を同じくする兄弟姉妹、半血とは父母の一方を同じくする兄弟姉妹を説明しています。

 

(5)遺族配分の計算例

 
 

被害者に妻と2人の子、両親が存在する場合は?
民法第882条以下の相続の規定では、妻が1/2、2人の子供が1/2を相続します。
ただし、自賠責保険で規定された遺族の慰謝料については、遺族数5名に対して5等分する必要があります。

 

例 被害者が45才で妻と2人の子供、両親が取り残されたとき、

葬儀費用

60万円

逸失利益

48万5600円×12ヶ月×(1−0.35)×13.163=4986万円

死亡本人の慰謝料

350万円

遺族の慰謝料

950万円

合計

6346万円>3000万円、3000万円の認定払い、

 

このケースで両親に対する配分は、
(3000万円−60万円)×950万円×2/5÷(4986万円+350万円+950万円)=177万円
となります。 現実的には、遺族の内の1名が代表となり、3000万円を受け取ります。


■自賠責保険各論 22特殊事案の扱いclick!

■自賠責保険各論 23死亡に至るまでの傷害による損害click!

■自賠責保険各論 24後遺障害による損害click!

■自賠責保険各論 25逸失利益click!

■自賠責保険各論 26後遺障害慰謝料click!

■自賠責保険各論 27損害額の算出方法click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト