交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 地方裁判所支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■新地方裁判所支払基準click!

■慰謝料赤い本 傷害部分の支払基準click!

■2傷害慰謝料手計算の勧めclick!

■3大阪地裁の慰謝料算定基準click!

■4大阪地裁 後遺障害部分の慰謝料 click!

5後遺障害等級別判例の検証

新地方裁判所支払基準

 
 
5後遺障害等級別判例の検証
 

1級の事例
青森地裁判決H13-5-25 
痴呆・尿失禁等の精神障害で2級3号、視力障害で2級1号、併合1級の後遺障害を残す60歳の主婦について、入通院分400万円、後遺障害分3200万円、近親者2名分580万円の合計4180万円の慰謝料を認めています。

札幌地裁判決H11-12-2
左目失明、右目視力低下、神経系統の機能障害、骨盤骨変形の後遺障害で併合1級が認められた51歳男子国家公務員について、傷害部分270万円、後遺障害部分3000万円、合計3270万円の慰謝料を認めています。

片眼の失明、片眼の瞼の著しい運動障害、顔面の醜状で併合7級が認定された26歳の男子被害者に対して、東京海上日動火災のお先棒を担ぐ大阪弁護士会所属のK弁護士は、後遺障害慰謝料850万円、逸失利益は10年を認めて1790万円の提示を
行いました。
10年の理由は、いずれ慣れれば大きな支障はないとのことです?
先の弁護士の爪の垢でも煎じて飲んでもらいたい! 私でなくとも、誰でも、そう考えます。
その後のK弁護士ですが、今も保険屋さんのお手伝いを続けており、進化が感じられません。
これまでに2回、バッティングしていますが、黒子に徹して、叩きまくっています。

東京地裁判決H13-7-31
胸髄以下完全麻痺の後遺障害1級を残す21歳男子大学生について、傷害分300万円、後遺障害分3000万円、父母分各250万円、合計3800万円の慰謝料を認めています。

大阪地裁判決H12-2-29
右腕神経叢損傷による全型麻痺、胸髄損傷による両下肢完全麻痺の後遺障害で1級3号が認定された21歳男子大学生について、傷害分300万円、後遺障害分2800万円、合計3100万円の慰謝料を認めています。

東京地裁判決H15-8-28
高次脳機能障害で1級3号、1眼摘出で8級1号の21歳独身女性について、入院中、生死の境をさまよい6回もの大手術を受けたこと、若くして重大な障害を負ったこと、外貌についても著しい醜状が残ったこと、両親の介護の精神的負担も極めて重いこと等を
考慮して、入通院分480万円のほか、後遺障害部分3200万円、両親分各400万円の慰謝料を認めています。

東京地裁判決H16-1-20
高次脳機能障害で1級3号、視力障害等で併合4級の後遺障害を残す22歳男子アルバイト被害者について、若くして重大な障害を負ったこと、介護による両親の精神的負担が重いこと等を考慮して、入通院分391万円のほか、後遺障害部分3000万円、両親分各200万円を認めています。

3級の事例
札幌地裁判決H13-8-30
右下腿部切断、右大腿部の醜状痕、左下肢の運動制限、左大腿部の醜状痕等で併合3級の事故時16歳の男性について、
後遺障害慰謝料として2000万円を認めています。

5級の事例
大阪地裁判決H7-7-14
左前頭葉、側頭葉の低吸収域、萎縮により小学校3、4年程度の知能になった13歳女子中学生に傷害分330万円、後遺障害分1750万円の慰謝料を認めています。

6級の事例
岡山地裁判決H10-3-19
右手5指用廃で7級7号、鎖骨変形で12級5号、男性外貌醜状による14級11号で併合6級の23歳船員について、後遺障害慰謝料1300万円を認めています。

名古屋地裁判決H14-8-14
外貌醜状で7級12号、右眼球傷害で12級1号、併合6級の36歳女性生保外務員について、逸失利益として労働能力喪失率40%を20年間、、14%を1年間認めた上で、傷害部分200万円、後遺障害部分1300万円の慰謝料を認めています。

7級の事例
東京高裁判決H8-2-28
脳挫傷、右不全麻痺、知能低下で7級が認定された60歳男性、兼業農家について、傷害分300万円、後遺障害分1100万円の
慰謝料を認めています。

8級の事例
東京地裁判決H14-3-22
右大腿部開放骨折、右前後十字靱帯断裂で、症状固定時までの2170日に415日入院、1254日の通院、
右膝関節障害で10級、右足関節障害で12級、右下肢醜状障害で12級、併合8級の44歳女子について、
傷害分440万円、後遺障害分950万円を認めています。

9級の事例
京都地裁判決H8-4-10
右足関節運動制限、左足関節運動制限等で併合9級の41歳女性スナック経営者について、傷害部分200万円、
後遺障害部分700万円の慰謝料を認めています。

10級の事例
神戸地裁判決H9-1-22
左足関節の高度な機能障害、成長障害、左足関節部の植皮による瘢痕、採皮部の左肩甲部の瘢痕等で10級11号の
男子8歳について、傷害部分140万円、後遺障害部分560万円を認めています。

11級の事例
東京地裁判決H13-8-7
下顎神経障害で12級、歯牙欠損で12級、外貌醜状で12級、併合11級の女子27歳会社員について、未婚女性として多大な苦痛を受けることを考慮して500万円の後遺障害慰謝料を認めています。

12級の事例
浦和地裁判決H6-7-15
顔面醜状で12級の18歳女性について、傷害部分100万円、後遺障害分550万円の慰謝料を認めています。

東京地裁判決H14-9-25
右下肢醜状障害で12級、左下肢醜状障害で14級、併合12級の女性20歳でダイビングの各種資格を有するアルバイトについて、近い将来ダイビングインストラクターとして生計を立てうる相当程度の可能性を有していた点を考慮、逸失利益として喪失率15%で15年間、次の10年を10%、その後10年を5%で認定、傷害部分183万円、後遺障害部分420万円を認めています。

京都地裁判決H14-9-26
右肘関節機能障害で12級を残す19歳男子大学生について、非該当とされた右上肢醜状痕を加算事由として傷害部分100万円、後遺障害部分310万円の慰謝料を認めています。

京都地裁判決H14-12-12
左膝疼痛で12級12号の68歳女性主婦について、事故前2年4ヶ月前に左膝関節置換術で8級7号の既往症を有していたものの、事故当時は先の置換術によって膝の疼痛の苦しみから解放されていたこと、再び左膝関節の疼痛に苦しめられることになったこと等を考慮して傷害部分200万円、後遺障害部分300万円の慰謝料を認めています。

東京地裁判決H15-1-22
唇右横の線状痕および瘢痕で12級4号、左第1、5中足骨骨折に伴う神経症状で14級10号、右第4、5中足骨骨折に伴う神経症状で14級10号、併合で12級の61歳女性主婦について、傷害部分220万円、後遺障害部分400万円を認めています。

13級の事例
札幌地裁判決H11-5-30
左手の強烈な痺れ等のため、30年にわたってやっていた能管(能の舞台で演奏する横笛)が全く出来なくなり、小鼓も長時間続けられなくなった13級、67歳女性主婦について、傷害部分210万円、後遺障害分300万円を認めています。

14級の事例
大阪地裁判決H13-3-15
右眼球運動障害による福祉で4級の65歳漁師について、傷害分200万円、後遺障害分160万円の慰謝料を認めています。 
H16-10-15以降、等級認定基準が改正となり、先の障害は13級2号が認定されています。

東京地裁判決H15-6-24
メキシコでプロサッカー選手として活躍した実績を有し、将来においても数年間はプロサッカー選手として活躍する機会があったと推測されるメキシコ国籍の27歳男性の14級10号について、プロサッカー選手としての選手生命を絶たれた精神的苦痛を斟酌して250万円の後遺障害慰謝料を認めています。

いずれも訴訟による認定です。
紛センであれば、ここまで個別的な状況に踏み込みません。

 

 


■6近親者の慰謝料についてclick!

■7その他click!

■8死亡慰謝料click!

■9慰謝料の増額事由click!

■逸失利益 1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益(6)自賠責保険の認定より高い算定例click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■2速報 顔面の醜状痕で男女の差別は違憲との判決が確定click!

■3死亡による逸失利益(1)逸失利益の算定方法click!

■3死亡による逸失利益(2)計算例click!

■3死亡による逸失利益(3)基礎収入click!

■3死亡による逸失利益(4)生活費控除率click!

■3死亡による逸失利益(5)税金の控除click!

■3死亡による逸失利益(6)就労可能年数と中間利息控除click!

■3死亡による逸失利益(7)幼児の養育費click!

■3死亡による逸失利益(8)その他click!

■地方裁判所支払基準 各論click!

■地方裁判所支払基準各論(1)治療費click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(4)温泉療養費・その他click!

■地方裁判所支払基準各論(5)入院中の個室・特別室の使用・将来の特別室使用料、差額ベッド代click!

■地方裁判所支払基準各論(6)付添看護費click!

■地方裁判所支払基準各論(8)その他の介護関係費用click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(10)通院交通費・宿泊等click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(13)装具・器具等の購入費click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(1)1級の事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(2)5級以下で家屋改造費を認めた事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(3)転居費用、仮住居および家賃差額を認定した事例click!

■3休業損害(1)給与所得者の休業損害click!

■3休業損害(2)事業所得者の休業損害click!

■3休業損害(3)会社役員の休業損害click!

■3休業損害(4)家事従事者の休業損害click!

■3休業損害(5)無職者の休業損害click!

■3休業損害(6)学生・生徒・幼児等click!

■3休業損害(7)その他click!

■4葬儀関係費用(1)150万円以上を認定した例click!

■4葬儀関係費用(2)仏壇、仏具購入費、墓碑建立費を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(3)遺体搬送料を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(5)帰国費用、その他click!

■4葬儀関係費用(6)事故による旅行のキャンセル費用・就学資金の返還・愛玩動物の飼育費用等click!

■4葬儀関係費用(7)損害賠償請求関係費用click!

■5弁護士費用click!

■6遅延損害金click!

■6遅延損害金(2)遅延損害金と元本の充当方法?click!

■6遅延損害金(3)では、保険屋さんから支払われた全額を遅延損害金に充当出来るのかclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(1)弁護士選びclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(2)保険屋さんの屁理屈click!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(3)被害者としての決断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト