交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 地方裁判所支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■新地方裁判所支払基準click!

■慰謝料赤い本 傷害部分の支払基準click!

■2傷害慰謝料手計算の勧めclick!

■3大阪地裁の慰謝料算定基準click!

■4大阪地裁 後遺障害部分の慰謝料 click!

■5後遺障害等級別判例の検証click!

■6近親者の慰謝料についてclick!

■7その他click!

■8死亡慰謝料click!

■9慰謝料の増額事由click!

■逸失利益 1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益(6)自賠責保険の認定より高い算定例click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■2速報 顔面の醜状痕で男女の差別は違憲との判決が確定click!

■3死亡による逸失利益(1)逸失利益の算定方法click!

■3死亡による逸失利益(2)計算例click!

■3死亡による逸失利益(3)基礎収入click!

■3死亡による逸失利益(4)生活費控除率click!

■3死亡による逸失利益(5)税金の控除click!

■3死亡による逸失利益(6)就労可能年数と中間利息控除click!

■3死亡による逸失利益(7)幼児の養育費click!

■3死亡による逸失利益(8)その他click!

■地方裁判所支払基準 各論click!

■地方裁判所支払基準各論(1)治療費click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(4)温泉療養費・その他click!

■地方裁判所支払基準各論(5)入院中の個室・特別室の使用・将来の特別室使用料、差額ベッド代click!

■地方裁判所支払基準各論(6)付添看護費click!

■地方裁判所支払基準各論(8)その他の介護関係費用click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(10)通院交通費・宿泊等click!

■地方裁判所支払基準各論click!

地方裁判所支払基準各論

地方裁判所支払基準 各論

 
 

1治療関係費

 

 

(12)学生・生徒・幼児の学習費、保育費、通学付添費等

 
 

学生・生徒・幼児の学習費、保育費、通学付添費等

地方裁判所

自賠責・任意保険

必要性により妥当な範囲を認定、

支払基準に説明がなく一切を否認、

 

被害者の被害の程度、内容、子供の年令、家庭の状況を具体的に検討し、学習、通学付添の必要性が認められれば、妥当な範囲で認めるとされています。

 
 

岡山地裁判決H9-5-29 
事故のため大学を1年留学した場合の学費97万6000円および1年分のアパート賃借料55万6800円を認めています。

東京地裁判決H14-1-15 
22歳男性の傷害事案につき、普通免許を取得するため自動車教習所に通っていたが、事故のため修了できなかったとして、教習所代32万円余を認めています。

山口地裁判決H4-3-19  保育料を認めた判決です。
3歳女児の付添看護のため、2、0歳の乳幼児2人を常時面倒を見ることが困難となり、保育所に預けざるを得なくなったとして、保育園あるいは幼稚園入園をさせることが一般に見受けられる満4歳になるまでの保育料、166万2540円を認めています。

東京高裁判決H14-7-30 
20歳男性大学生の傷害事案で、司法書士の資格を得るための専門学校の学費全額47万円余を認めています。

東京地裁判決H16-12-21
胸郭出口症候群で12級10号が認定された25歳女性美大生について、入通院治療で留年した2年分の授業料208万円を認めています。

名古屋地裁判決H17-11-30 ムダとなった授業料を認めた判決です。
20歳男性大学1年生の死亡事案について、入学金は相当因果関係がないとして否定するも、入学の2週間前の事故であり、前期の授業料60万円を損害として認定しています。

仙台地裁判決H19-2-9 家族の看護料を認めた判決です。
主婦が入院したため、、小学生の娘の養育、監護を両親にに依頼せざるを得なくなったとして、休業損害とは別に扶養料として、入院480日のうち、日額3000円×387日分=112万8000円を認めています。

大阪高裁判決H19-4-26 家庭教師代、教材費を認めた判決です。
顔面醜状で7級12号、高次脳機能障害で5級2号、併合3級が認定された13歳女性小学生について、退院後通学を再開したが、学校の勉強についていくことができず、退院から4年6ヵ月間の家庭教師代と教材の購入費、272万円を損害として認めています。

京都地裁判決H20-2-29
23歳の女性大学院生について、半年間の休学により修了が1年間遅れたことにより、半年分の授業料26万円を認めています。

当方には7歳と4歳のオンタ怪獣が生息しており、貧乏人の子どもですから、好奇心が旺盛で、被害者面談にも出没しています。
妻が事故受傷で入院となれば、子育てはパンク、私ではどうにもなりません。
こんなときは、一時保育か妻の母に応援を求めることになり、この費用は請求できます。
外傷性頚部症候群の通院でも、急性期の1、2ヵ月であれば、一時保育に預けることは可能です。
先日、2歳と4歳の子どもを連れて通院している母親が、治療先から「お子さんを連れての通院治療は遠慮して欲しい?」こんな問い合わせが知恵袋でありました。
少し笑ったのですが、通院時の一時保育は当然に請求できます。


■地方裁判所支払基準各論(13)装具・器具等の購入費click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(1)1級の事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(2)5級以下で家屋改造費を認めた事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(3)転居費用、仮住居および家賃差額を認定した事例click!

■3休業損害(1)給与所得者の休業損害click!

■3休業損害(2)事業所得者の休業損害click!

■3休業損害(3)会社役員の休業損害click!

■3休業損害(4)家事従事者の休業損害click!

■3休業損害(5)無職者の休業損害click!

■3休業損害(6)学生・生徒・幼児等click!

■3休業損害(7)その他click!

■4葬儀関係費用(1)150万円以上を認定した例click!

■4葬儀関係費用(2)仏壇、仏具購入費、墓碑建立費を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(3)遺体搬送料を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(5)帰国費用、その他click!

■4葬儀関係費用(6)事故による旅行のキャンセル費用・就学資金の返還・愛玩動物の飼育費用等click!

■4葬儀関係費用(7)損害賠償請求関係費用click!

■5弁護士費用click!

■6遅延損害金click!

■6遅延損害金(2)遅延損害金と元本の充当方法?click!

■6遅延損害金(3)では、保険屋さんから支払われた全額を遅延損害金に充当出来るのかclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(1)弁護士選びclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(2)保険屋さんの屁理屈click!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(3)被害者としての決断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト