交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 支払基準 > 地方裁判所支払基準
交通事故外傷と後遺障害


■新地方裁判所支払基準click!

■慰謝料赤い本 傷害部分の支払基準click!

■2傷害慰謝料手計算の勧めclick!

■3大阪地裁の慰謝料算定基準click!

■4大阪地裁 後遺障害部分の慰謝料 click!

■5後遺障害等級別判例の検証click!

■6近親者の慰謝料についてclick!

■7その他click!

■8死亡慰謝料click!

■9慰謝料の増額事由click!

■逸失利益 1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益(6)自賠責保険の認定より高い算定例click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■1後遺障害による逸失利益click!

■2速報 顔面の醜状痕で男女の差別は違憲との判決が確定click!

■3死亡による逸失利益(1)逸失利益の算定方法click!

■3死亡による逸失利益(2)計算例click!

■3死亡による逸失利益(3)基礎収入click!

■3死亡による逸失利益(4)生活費控除率click!

■3死亡による逸失利益(5)税金の控除click!

■3死亡による逸失利益(6)就労可能年数と中間利息控除click!

■3死亡による逸失利益(7)幼児の養育費click!

■3死亡による逸失利益(8)その他click!

■地方裁判所支払基準 各論click!

■地方裁判所支払基準各論(1)治療費click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(4)温泉療養費・その他click!

■地方裁判所支払基準各論(5)入院中の個室・特別室の使用・将来の特別室使用料、差額ベッド代click!

■地方裁判所支払基準各論(6)付添看護費click!

■地方裁判所支払基準各論(8)その他の介護関係費用click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(10)通院交通費・宿泊等click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論click!

■地方裁判所支払基準各論(13)装具・器具等の購入費click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(1)1級の事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(2)5級以下で家屋改造費を認めた事例click!

■2家屋.自動車等の改造費、調度品購入費(3)転居費用、仮住居および家賃差額を認定した事例click!

3休業損害(1)給与所得者の休業損害

地方裁判所支払基準 各論

 
 

3休業損害

 

 

(1)給与所得者の休業損害

 

給与所得者の休業損害

地方裁判所

自賠責・任意保険

事故前の収入を基礎として現実の収入減、

事故前の源泉されている収入を基礎に計算、
源泉がなされていない場合は、日額5700円、

 
 

事故前の収入を基礎として、受傷によって休業したことによる現実の収入減です。
読者のお問い合わせに、年齢別・男女別平均賃金で請求が可能か?
多くの質問がよせられていますが、休業損害では、これは認められていません。
やや矛盾するのですが、家事従事者の休業損害は、女子労働者の全年齢平均の賃金額を基礎として積算をしています。 この点、混同しないように理解して下さい。

現実の収入減が発生していなくても、有給休暇を使用した場合は、休業損害として認められます。
さらに、休業中に昇級や昇格のあったときは、以降はその収入を基礎として計算します。
休業に伴う賞与の減額や不支給、昇級・昇格遅延による損害も認められます。

名古屋地裁判決H11-9-27 
ガス配管工、男・症状固定時46歳の休業による退職金減額分を事故による休業に付随する損害として認めています。
神戸地裁判決H17-11-1
一下肢を膝関節以上で失い4級5号が認定された32歳男性会社員について、事故前年の年収360万円を基礎に症状固定までの2294日間2262万円を認定しています。

これはH9-8の事故受傷で、H15-1に切断術が実施されています。
保険屋さんは右足の切断が、社会復帰に一番早い方法であるとして、休業損害の支払いをカットしました。
しかし、裁判所は、被害者が切断を逡巡したことを責めることはできず、5年以上も切断が遅れたのはやむを得ないとして休業損害を認定しています。
保険屋さんは鬼か?おそらく、この被害者の感想と思われます。

東京地裁判決H18-12-27
34歳女性エステティシャンについて、転職して国際資格を取得するため研修中の事故受傷で、一時的に月収が21万円と低額になっており、事故前年のエステティシャンとしての年収493万円を基礎収入として認定しています。

神戸地裁判決H19-5-24
66歳男性の靴の貼工員について、右股関節の機能障害・右下肢の短縮障害・右小指の欠損障害で併合8級が認定されていること、立ち仕事であることを勘案して症状固定までの4年2ヵ月の全期間、1293万円の休業損害を認めています。

⊂評固定前に退職したケース
名古屋地裁判決H18-1-20
高次脳機能障害等で併合6級が認定された26歳女性会社員について、アルバイトとして就労復帰するもプログラマーの仕事の内容について記憶を失っており、作業時間がかかりすぎることで症状固定後に退職しています。
裁判所は、アルバイト料を控除した上で、事故前年の給与所得328万円を基礎として症状固定まで1594日間の休業損害、1344万円を認定しています。

東京地裁判決H18-2-20
事故の2ヵ月前に就職、左足関節機能障害で10級が認定された49歳の重機オペレーターについて、事故後間もなく退職、その後入院を経て同じ会社に再就職をしています。
裁判所は、事故前月の給与33万9000円を基礎に、401日間について100%、その後復職までの165日間は63%、労働能力喪失率27%の合計570万円を認めています。

大阪地裁H18-4-25
事故後1年9ヶ月後に左膝のタナ障害が発見され、12級12号が認定された27歳女性カラオケボックス店員について、事故日から症状固定日まで、職場一時復帰期間を除く671日間、449万円の休業損害を認定しています。

横浜地裁判決H20-4-17
頚椎破裂骨折・胸椎圧迫骨折に伴う脊柱の変形で併合10級が認定された33歳男性、水産物会社勤務の会社員について、頚部痛による早退が多くなり事故から1年9ヵ月後に退職しているが、裁判所は退職と事故との相当因果関係を認め、事故前の給与+賞与を基礎に、症状固定までの928日間、1028万円の休業損害を認めています。

M給休暇を認定したケース
東京地裁判決H6-10-7 
交通事故受傷による8日間の欠勤の内6日間を有給休暇に振り当てた場合に、有給休暇の費消は、財産的損害として賠償請求しうるとして、1日の有給休暇の持つ財産的価値につき被害者の年収を1年間の日数で除した額によって算出しています。

東京地裁判決H16-8-25
併合10級が認定された技術職職員の44歳男性について、翌年度分の有給休暇のカット分、昇給補償を認定しています。

東京地裁判決H18-10-11
有給休暇の1日当たりの金額に争いのある事案について、賞与を除く年収を稼働日数366日から勤務先所定の休日を差し引いた日数で除した金額が相当であるとしています。

従来、保険屋さんは、事故前3ヵ月の給与の総支給額÷90日を単価として有給休暇を認めてきました。
この点、新しい考え方ですが、有給休暇の休業損害では、賞与が含まれないことを覚えてください。


■3休業損害(2)事業所得者の休業損害click!

■3休業損害(3)会社役員の休業損害click!

■3休業損害(4)家事従事者の休業損害click!

■3休業損害(5)無職者の休業損害click!

■3休業損害(6)学生・生徒・幼児等click!

■3休業損害(7)その他click!

■4葬儀関係費用(1)150万円以上を認定した例click!

■4葬儀関係費用(2)仏壇、仏具購入費、墓碑建立費を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(3)遺体搬送料を別途認めた例click!

■4葬儀関係費用(5)帰国費用、その他click!

■4葬儀関係費用(6)事故による旅行のキャンセル費用・就学資金の返還・愛玩動物の飼育費用等click!

■4葬儀関係費用(7)損害賠償請求関係費用click!

■5弁護士費用click!

■6遅延損害金click!

■6遅延損害金(2)遅延損害金と元本の充当方法?click!

■6遅延損害金(3)では、保険屋さんから支払われた全額を遅延損害金に充当出来るのかclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(1)弁護士選びclick!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(2)保険屋さんの屁理屈click!

■7弁護士選びと保険屋さんの屁理屈、被害者としての決断、(3)被害者としての決断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト