交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 保険の約款 > 弁護士費用等担保特約
交通事故外傷と後遺障害


弁護士費用等担保特約?

弁護士費用等担保特約?

 

交通事故で、相手方に対する損害賠償請求の交渉を弁護士に依頼する場合が
考えられるのですが、この場合の弁護士費用について保険金が支払われます。

交通事故 110 番の仕事を通じて、沢山の弁護士との交流がありますが、
「知り合いに免じて、費用をまけて?フレンドリイ・プライスでお願いします?
こんなセコイことを言えば、足下を見られますので、この特約に加入、
保険金は 300 万円となっています。

第 1 条 この特約の適用条件?

保険証券にこの特約を適用すると記載されている場合に適用されます。

第 2 条 保険金をお支払いする場合?

( 1 )以下の 2 つのケースで、この特約、一般条項の規定で保険金が支払われます。

自動車事故で、被保険者が死傷した場合、
自動車事故で被保険者の所有、使用、管理する財物が滅失、破損、汚損した場合、

( 2 )保険金の支払い対象となる費用は、以下の 2 つです。

加害者に対する法律上の損害賠償請求を弁護士に委任して生じた弁護士報酬、
訴訟費用、仲裁、和解、調停に要した費用、弁護士に法律相談を行って生じた法律相談料、

( 3 )賠償責任条項で支払われる場合は、その費用について保険金を支払いません。

示談代行保険では、保険会社の主導で弁護士による解決が選択されることがあります。
この場合の費用は、対人・対物賠償保険から支出され、特約保険金の支払いは免責です。

第 2 条 保険金をお支払いする場合?

( 1 )以下の 5 つに該当する者です。

ゝ名被保険者=保険証券に名前が記載されている人、
記名被保険者の配偶者、
5名被保険者、配偶者の同居の親族、
さ名被保険者、配偶者の別居の未婚の子供、
ゾ綉以外で、被保険自動車の正規の乗車装置または室内に搭乗中の者、

( 2 )原付自転車を含む自動車に極めて異常かつ危険な方法で搭乗中の者は除かれています。

いわゆる暴走族の箱乗り等を説明しています。

第 4 条 個別適用?

この特約の規定は、被保険者ごとに個別に適用します。

第 5 条 保険金をお支払いしない場合  1

異常危険を原因とする損害の発生は、本特約でも免責となります。

( 1 )戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、これらに類似の事変や暴動、

( 2 )地震、噴火、これらによる津波、

( 3 )台風、洪水、高潮、

( 4 )原子力に関わる一切の事故、

( 5 )放射能汚染、

( 6 )上記に随伴して生じた事故、これらによる秩序の混乱で生じた事故、

第 6 条 保険金をお支払いしない場合  2 ?

被保険者の意識的行為、不正行為を免責としています。

( 1 )以下の 4 つに該当する損害は免責です。

“鑛欷閏圓慮琉奸
¬橘筏運転、飲酒運転、麻薬運転、

自動車の無断使用、無断搭乗、
と鑛欷閏圓瞭争行為、自殺行為、犯罪行為、

被保険者が修理、保管、給油、洗車、売買、陸送、賃貸、運転代行等で業務のために
受託した自動車二諮常駐に発生した事故はモータービジネス固有の危険として免責となります。 

他の保険?賠責保険を発売していますから、加入して下さいね! 
そう説明しているのです。

被保険者が被保険自動車以外の自動車に、競技、曲技、試験のために搭乗中は免責です。
練習中も含まれますが、救急、消防、事故処理、補修、清掃を目的の搭乗中は、有責です。

第 7 条 保険金をお支払いしない場合  3 ?

加害者が以下の者である場合、保険金は支払われません。

“鑛欷閏圓良稱譟配偶者、子供、
被保険者の使用者で業務に従事中の場合、
H鑛欷閏圓了藩兌圓龍般海房動車を使用している他の使用人、

第 8 条 損害賠償請求等の通知?

( 1 )保険契約者、被保険者は以下の 3 つの事項について、書面で保険会社に通知しなければなりません。

_坦下圓了疚湘の情報、
委任や相談を行う弁護士の氏名等の情報、
その他、保険会社が必要と認める事項、

( 2 )正当な理由がなく上記の規定に違反、知っている事実を告げない、
不実のことを告げた場合、保険金の支払いは行われません。

第 9 条 被保険者の協力?

( 1 )被保険者は、保険会社の求めに応じ、訴訟、仲裁、和解、
調停の進捗状況に関する必要な情報を提供しなければなりません。

( 2 )正当な理由がなく、上記の規定に違反したときは、
その損害額に対して保険金の支払いはなされません。

第 10 条 お支払いする保険金の限度?

( 1 )弁護士費用等担保特約で支払われる費用は、弁護士報酬、訴訟費用、
仲裁・和解・調停に要した費用で、 1 回の自動車事故につき被保険者 1 名当たり、
保険証券記載の保険金額 300 万円を限度とします。

( 2 )弁護士の法律相談の費用は、 1 回の自動車事故で被保険者 1 名について 5 万円です。

第 11 条 保険金の請求?

被保険者が、弁護士相談料、報酬、訴訟費用、仲裁・和解・
調停の費用を支払った時点で請求権が発生、保険会社に請求が可能です。

第 12 条 代位?

被保険者が先の費用について他人に請求出来るときは、保険会社は支払った保険金の限度額で権利を取得します。

第 13 条 支払保険金の返還?

( 1 )以下の 2 つに該当する場合、支払った保険金は返還を求められます。

(杆郢里紡个垢覦冉い亮茲蠑辰靴琶峇圓気譴臣綣蟠癲

⊆動車事故に関して、被保険者が提起した訴訟の判決に基づき、
加害者から弁護士費用の支払いを受けた場合で、
着手金+訴訟費用+判決で確定した弁護士報酬<弁護士に支払った費用の全額が生じたときは、
その超過額、

弁護士費用は、日弁連より、「弁護士民事訴訟事件着手金・報酬金速算表」 
このガイドラインが発表されていましたが、現在では自由化されています。

つまり、弁護士と依頼人の合意があれば、費用は自由に決めることになっています。

余談ですが、訴訟判決では、弁護士報酬を確定させることが可能で、
この場合、その報酬を負担するのは、加害者、加害者側の保険屋さんです。
但し、和解による解決では、これが認められることはなく、
やはり判決を確定させなければなりません。

判決で弁護士報酬が確定、これを保険屋さんが負担したときは、
被害者の負担は着手金と訴訟費用になります。

弁護士の HP でこれが説明されているのは、少数です。
どうして、明らかにしないのか? 不思議でなりません。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト