交通事故110番 
まず初めに!コンテンツ掲示板相談メール会員サイトサイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 粉セン他
top > コンテンツ > 保険の約款
保険の約款


自動車保険契約を締結すると1週間以内に保険証券が郵送されて来ます。
この中に薄手の紙に小さな文字と分りにくい表現でビッシリと書き綴られた
「保険の栞」が入っていますが、これが「保険の約款」です。
これを正確に理解しておくと、保険金の請求で裏切られることはありません。

イラストを多用し「出来る限り分りやすく!」をテーマに作成致しました。
搭乗者傷害、人身傷害、無保険車傷害、自損事故は特に理解を深めて頂きたいと考えています。

※お手元の保険証券をご確認下さい。
自動車保険にはSAPとPAPとBAPの3種類で構成されています。
基本となる契約は対人・対物・自損事故・搭乗者傷害・無保険車傷害で構成されており、
この基本契約に車両保険をセットしたものがSAP(スペシャル・オートモービル・ポリシー)と説明します。
対人・対物とも示談代行サービスが付いており、フルパッケージの対応です。
基本契約のみのセットをPAP(パッケージ・オートモービル・ポリシー)と説明し、
示談代行サービスは対人のみとなります。
BAP(ベーシック・オートモービル・ポリシー)は 組み合わせ自由の保険ですが、
示談代行サービスはありません。
難しく考えることはありません。タクシー会社や運送会社のトラックが加入しているのが
BAPなんだと思って頂ければ十分です。
その後、人身傷害保険が発売されるに当り、先の区分もやや複雑になって来ました。

家庭用総合自動車保険約款
賠償責任保険
対人保険・対物保険
傷害保険
搭乗者傷害保険・人身傷害保険
車両保険
車両条項・車両付随損害条項
一般条項
上記の全てに適用

さて、東京海上火災保険株式会社の発売するTAP・家庭用総合自動車保険で説明をして行きます。
この保険の仕組みは上記の4本立てで構成されています。
賠償責任保険には対人保険と対物保険がありますが、
いずれも貴方以外の相手方に適用されるものです。
これに対して、傷害保険は貴方自身の損害に適用されるものです。
更に、この保険には他車運転危険補償特約・入替自動車の自動補償特約・
自損事故傷害特約・ 無保険車事故傷害特約・盗難に関する代車等費用補償特約・
車両価額協定保険特約が自動的に担保されています。
これらの区分に従って「とどのつまり、支払ってくれるのか?」を検証します。


対人賠償飲酒運転無免許運転
自然災害他車運転ファミリーバイク
搭乗者傷害直接請求権の行使人身傷害
無保険車傷害自損事故通 勤途上
業務中運転者の父母・配偶者・子子供保険
対物賠償時効 

 

TOPページへ交通事故相談サイト