交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 保険の約款 > 第1章 一般条項
交通事故外傷と後遺障害


■第1条保険責任の始期と終期?click!

■第2条保険責任の及ぶ地域?click!

■第3条あらかじめお知らせいただくこと告知義務?click!

■第4条ご契約後にお知らせいただくこと通知義務?click!

■第5条被保険自動車の譲渡?click!

■第6被保険自動車の入れ替え?click!

■第7条入替自動車の自動担保?click!

■第8条被保険自動車の管理義務?click!

■第9条被保険自動車に関する調査?click!

■第10条保険契約の無効?click!

■第11条保険契約の解除?click!

■第12条保険料の返還または追加保険料の請求?click!

■第13条無効、失効による保険料の返還?click!

■第14条解除による保険料の返還?click!

■第15条事故発生時の義務?click!

■第16条事故発生時の義務違反?click!

第17条対人事故通知の特則?

第 17 条 対人事故通知の特則?

 

対人事故については、事故発生の翌日から起算して 60 日以内に事故内容の
通知がなされない場合は、原則として保険金の支払いはなされません。

では、特例があるのか?
( 1 )事故内容について、通知義務のあることを知らなかった?
( 2 )事故の発生は承知していたが、賠償責任がないと思っていた?
( 3 )阪神大震災のような大きな事変があり、期間内に通知することが出来なかった?
やむを得ない事情に該当するのは、( 3 )で、これ以外は例外的な免責となりません。

しかし、自動車保険は大衆保険であり、先に説明した義務について実務上、
厳格な適用がなされた場合、
「いざとなったら払わん保険を、保険料取って売ってもええんかい!」
こんな議論が湧き上がります。

 

保険屋さんにお願いしても馬耳東風、暖簾に腕押しですが、 個別の事情を十分勘案し、
保険契約者に不測の損害を与えることのない慎重な判断が求められます。

このこと、とりわけ損保ジャパンさんに読んで欲しい?

対人事故に限らず、自損、無保険車、搭乗者、対物、車両のいずれの事故についても、
速やかな事故の報告が必要で、今更、申し上げることでもありません。


■第18条保険会社の指定する医師による診断?click!

■第19条重複契約の取扱?click!

■第20条評価人及び裁定人?click!

■第21条保険金の請求?click!

■第22条保険金の支払い?click!

■第23条損害賠償額の請求および支払?click!

■第24条代位?click!

■第25条時効?click!

■第26条損害賠償請求権の行使期限?click!

■第27条保険契約者が死亡した場合の取扱い?click!

■第28条準拠法?click!

■第29条後遺障害等級表?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト