交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 保険の約款 > 無保険車傷害担保特約
交通事故外傷と後遺障害


■無保険車傷害担保特約click!

■第1条 この特約の適用条件?click!

第2条 保険金をお支払いする場合?

第 2 条 保険金をお支払いする場合?

 

( 1 )無保険事故によって、被保険者、父母、配偶者、子供が被る損害については、
賠償義務者=加害者がいる場合に限って、無保険車傷害保険金が支払われます。

ひき逃げや当て逃げはどうなるの?
具体的な人物が特定出来なくても、被害者には、
損害賠償請求権が発生しており、適用されます。 何の失敗もありません。

( 2 )保険金の支払いは、損害額が以下の 3 つを超過したときに実行されます。

ー賠責保険の支払額を超えるとき、
他車運転危険担保特約やペーパードライバー保険等で
対人賠償保険が有効に機能するときは、その保険金額を超えたとき、

B梢佑亮動車を運転して無保険事故となった場合は、
他の自動車と自分の自動車の無保険車傷害保険に請求することが可能です。 
この場合は、無保険車傷害保険金の額の大きい方を優先適用し、
それで支払われた額を超えるとき、

私が妻の母の所有する自動車を運転中に、無保険事故にあったときは、

妻の母の自動車の無保険車傷害保険の被保険者であり、
同時に、私が所有する自動車の無保険車傷害保険の被保険者となります。 

私の無保険事故に対しては、加害者の自賠責保険とケースによっては
加害者の他車運転危険担保特約、 2 つの無保険車傷害保険、
合計 4 つの保険が機能する余地が生じます。 

どれを優先させるのか? この調整を説明しています。


■第3条 保険の補償を受けられる方=被保険者click!

■第4条 無保険自動車の定義?click!

■第5条 個別適用?click!

■第6条 保険金をお支払いしない場合 1click!

■第7条 保険金を支払わない場合 2click!

■第8条 保険金をお支払いしない場合 3click!

■第9条 損害額の決定?click!

■第10条 損害の一部とみなす費用?click!

■第11条 お支払いする保険金の計算?click!

■第12条 保険金請求権者の義務?click!

■第13条 保険金請求の手続き?click!

■第14条 重複契約の取扱い?click!

■第15条 保険金の請求?click!

■第16条click!

■シッカリ憶えておくこと?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト