交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 保険の約款 > 第3章 傷害条項
交通事故外傷と後遺障害


■人身傷害補償事項?click!

■第1条 保険金をお支払いする場合?click!

■第2条 被保険者=保険の補償を受けられる方?click!

■第3条 個別適用?click!

■第4条 保険金をお支払いしない場合click!

■第5条 保険金をお支払いしない場合 click!

■第6条 損害額の決定?click!

■第7条 損害の一部とみなす費用?click!

■第8条 お支払いする保険金の計算?click!

■第9条 すでに存在していた身体の障害または疾病の影響等?click!

■第10条 保険契約者、被保険者、保険金請求権者の義務等?click!

■第11条 保険金の支払いによる請求権の移転?click!

■第2節 人身傷害諸費用条項click!

■第2条 保険の補償を受けられる方=被保険者?click!

■第3条 個別適用?click!

■シッカリ憶えておくこと?click!

■問題点?click!

■問題点?click!

■問題点?click!

■問題点?click!

■問題点?click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

人身傷害条項損害額算定基準

人身傷害条項損害額算定基準

 

7  その他の損害?

これ以外の後遺障害によす損害は、社会通念上必要滑妥当な実費とします。
約款ではサラリとかわして説明していませんが、どんな損害があるでしょうか?

現実の裁判では、家族の慰謝料、介護雑費、介護器具、住宅の改造費、
専用車両の購入費、将来の治療費を認めています。

費目

H13-5-29 大阪地裁判決
1 級 3 号 30 才男性

H13-9-14 横浜地裁判決
1 級 3 号 30 才女性

H14-1-28 名古屋地裁判決、
1 級 3 号 18 才男性

慰謝料

2500

2720

2451

家族の慰謝料

700

400

逸失利益

8791

6392

9653

介護料

3282

4100

4052

介護雑費
介護器具

745
入院継続

493
62

未請求
427

住宅改造費

入院継続

不認

698

専用車両の購入費

入院継続

未請求

108.5

将来の治療費

治療費・質量差額 791
入院雑費として 827

未請求

381

合計

1 億 3594 万円

2 億 3637 万円

1 億 8034 万円

最近の地方裁判所の判決を 3 件紹介していますが、先の支払基準とは月とすっぽんです。
説明されていない損害の構成比率は、ケースによっては 20 %を超えます。

保険屋さんの支払基準で解決する?とんでもないことです!


■人身傷害条項損害額算定基準click!

■人身傷害条項損害額算定基準click!

■第3節 搭乗者傷害条項click!

■第1条 保険金をお支払いする場合?click!

■第2条 保険の補償を受けられる方=被保険者click!

■第3条 保険金をお支払いしない場合click!

■第4条 保険金をお支払いしない場合 2click!

■第5条 お支払いする保険金の計算?click!

■第6条 死亡保険金と後遺障害保険金の競合?click!

■第7条 既に存在していた身体の障害または疾病の影響?click!

■第8条 お支払いする保険金の限度額等?click!

■搭乗者傷害保険の医療保険金(日数払い)に関する特約click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト