概要

飲み会の帰り道、歩行中に自動車にはねられ、頭部を受傷したもの。

問題点

①通院先の大学病院、チームでの対応で主治医が定まらず、医師によって高次脳機能障害への理解にバラツキがあり、一体、どの医師に後遺障害診断を依頼すればよいのか?

②受傷直後の意識障害の所見には、飲酒に関する説明があり、このままでは、果たして意識障害は脳損傷によるものか、それとも、酔っ払い状態だったのか、慎重な調査が必要と思われる。

③神経心理学検査がリハビリのスケジュールに組み込まれておらず、このままでは、自覚症状を裏付けられないことから、医師面談によるコーディネートが必須の状況であった。
嗅覚障害の証明にオルファクト検査も手配した。

立証のポイント

①高次脳機能障害の損害賠償について主治医に説明し、理解を得て下地を整えた。
②事故発生前~事故状況~その後の経緯を丹念に資料化、救急搬送時の記録、担当医の証言なども集めて飲酒問題を排除した。
③必要な検査一式をコーディネートした。

以上の資料を集約し、日常生活状況報告書も時間をかけてまとめ上げた結果、高次脳は5級2号と評価され、嗅覚脱失の12級相当と併合され、併合4級となった。