概要

自転車で通勤の途上、右後方よりの自動車の車線変更で接触、転倒する。
自動車はそのまま逃走し、目撃者もいない。

頭蓋骨骨折、急性硬膜外血腫、急性くも膜下血腫と診断される。
その後、身体が回復するも、短期記憶障害、倦怠感から職場復帰ができず、なに事に対しても自発性が極端に低下、性格変化、嗅覚障害もあるとのこと、

問題点

実家を離れ、独り暮らしのため、家族に観察をお願いできない。
同居人である女性とも、この後別れることが決まっており、日常の異常を立証する術がない。
やむなく、チーム110がピッタリと寄り添い、サポートを進めることとなった。
ひき逃げ犯は捕まらず、治療費は労災で賄えたものの、後遺障害については政府の保障事業に対して申請を行うこととした。

立証のポイント

神経心理学検査が可能な治療先を紹介、同行し、2カ月間、複数回の検査に立ち合う。
ある日は、電車で寝込んでしまい検査に間に合わないこともあった。
嗅覚検査も事故から4年を経過しているが、専門医にお願いしてデータをそろえる。
また家族の観察については遠隔地の実家と連絡をとりつつ、同居していた女性に懇願し、最小限の協力を得て、なんとか日常生活状況報告と申述書を作成した。

政府の保障事業の1年にわたる長い審査で高次脳5級4号、嗅覚障害14級相当が認定される。

現在、連携弁護士は、実家の父親が加入している自動車保険に対して、無保険車傷害特約と人身傷害保険の請求を行っている。