概要

8年前に、自動車事故で両大腿骨、恥骨を骨折、頭部は外傷性くも膜下出血と診断される。
本人・家族は後遺症を残さないことを目標、治療に全力を注ぎ、以後の小中高校生活でリハビリを続けるも、歩行や生活全般に種々の不具合を残す結果となり、賠償問題に決着をつけるとして、交通事故無料相談会に参加されたもの。

問題点

長い治療年数により、症状は一定程度回復を示しており、微妙な検査数値・画像ばかりで後遺障害の的が絞れなかった。
つまり、本件最大の問題は、明確な等級に集約できないことであった。
画像の保管期間5年も超過しており、集積に苦労の連続、完全回収とはならなかった。
成長に伴って大きく変化しており、頭部、骨折部すべてについて撮影のやり直しを行った。

立証のポイント

嚥下障害は口腔外科でVF検査を実施、脳神経外科では視覚認知検査、神経心理学検査を数種、整形外科では下肢のXP、CT検査を実施、耳鼻科ではT&Tオルファクトメーター検査、醜状痕の写真撮影など、立証作業のオンパレードとなった。
あらゆる可能性を排除せず、徹底的な検査を重ねに重ね、18回の病院同行となった。

結果は、神経症状をすべて高次脳機能障害の7級に包括して評価、下肢は短縮障害の13級8号、股関節の可動域制限12級7号が併合された。
特に、11級相当の嚥下障害、14級相当の嗅覚障害、めまい・ふらつきの12級13号などの多彩な障害が評価され、高次脳の9級10号を7級4号に押し上げたと感じた。
立証する側も大変であったが、調査事務所の柔軟かつ誠実な評価にも感謝している。

その後、賠償交渉は弁護士に引継いだが、相手損保は請求額全額をあっさり認め、異例の全面勝利。
また、家族契約の人身傷害保険に請求した過失分も、「人傷先行しますよ。」 と強硬姿勢を見せた弁護士に対し、こちらも裁判基準での支払いを容認した。

このように立証が強固であれば、弁護士の戦いも強力な論陣が展開できるのです。
複雑かつ年数が経っている本件は、損保もうんざり、反証を諦めた様子であった。

被害者と家族には、長く険しいリハビリと立証作業だったが、その苦労は賠償の完全勝利で結実した。