概要

交差点で横断歩道を横断中、後方よりの右折自動車に跳ね飛ばされ、頭蓋骨骨折、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下血腫と診断、実は、これ以前の事故で相談を受けていた被害者であった。
結果、2つの交通事故について、サポートの依頼を受けた。

問題点

①初診の治療先で記載された意識障害の所見に明らかな間違いがみられた。
②受傷3カ月目から短期記憶傷害、注意障害の兆候がみられた。
③能力低下は微妙で、一見すると、なんの障害もないように回復が進んだ。
④本人に、病職はまったくない。

立証のポイント

①早速、主治医と面談、記載の修正とリハビリ病院への紹介状を依頼した。
②リハビリ先の病院では医師のみならず、社会福祉士、言語聴覚士、臨床心理士と打ち合わせ、微妙な障害を浮彫りにするため、神経心理学検査の計画を練った。
③相手損保は障害について懐疑的であり、治療先から被害者に不利な言質を与えないように、リハビリ先の医師、社会福祉士と損保の調査対策について事前に細かく打合せをした。
また、被害者宅で家族と打合せ、奥様には、ご主人の毎日について、メモ・日記の励行をお願いした。

結果は高次脳機能障害で7級4号、耳鳴りで12級相当、併合6級とした。

検査先を確保し、病院側と気脈を通じれば等級の遺漏は起こらないものです。
医療ネットワークを形成することができれば、立証は、勝ったも同然なのです。