概要

国道を徒歩で横断中に、自動車に跳ね飛ばされたもの。
傷病名は、脳挫傷、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血他、

問題点

急性期を過ぎるも、治療先の脳神経外科は、高次脳に対応しておらず、神経心理学検査も設備とスタッフがおらず実施できない状況であった。
県内、隣県のリハビリテーション病院に要請するも、高齢を理由に、検査受診を拒絶される。

立証のポイント

やむなく、チーム110の佐井さんに打診、大阪の治療先の紹介を受ける。
元の治療先に紹介状の作成を依頼、介護タクシーを利用して受診、神経心理学検査を行う。

新たに、MRI、T2スターで撮影、びまん性軸索損傷を示す脳表面の点状出血と脳萎縮が確認され、いずれも診断書に記載を受ける。
神経心理学的検査は、大半が検査不能の結果となった。
見当識は保たれており、随時介護の別表1・2級1号を予想していたが、1級1号と評価された。