概要

歩行中に、後方から原付バイクの衝突を受けたもの、

問題点

寝たきり状態で、意識も朦朧、話すことも不可能な状態であった。
したがって、神経心理学的検査や専門医の受診は断念せざるを得なかった。

立証のポイント

画像で、著名な脳室拡大が確認できたので、1級1号は想定されたが、万全を期するために、主治医に面談、現在の状態を説明した上で、後遺障害診断書、神経系統の医学的意見の作成を依頼した。
加えて、日常生活状況報告書は、家族との共同作業で入念に作成を行った。

被害者請求の他、障害年金手続き、労災手続き、身体障害者手帳の手続きのサポートを行った。
結果は、想定の通り、1級1号が認定されたもの。