概要

歩行中に、後方から自動車に跳ね飛ばされたもの、

問題点

家族が、無料相談会に参加されたが、後遺障害診断書は既に完成していたが、医学的意見、意識障害所見もなく、神経心理学的検査などは実施されないままで、申請の直前であった。

立証のポイント

主治医に面談、カルテから意識障害所見の記載をお願いした。
神経心理学的検査が必要なことを説明、それができる治療先に対して紹介状の発行をお願いした。
高次脳の専門治療先を受診、専門医には、神経心理学的検査をお願いした。

症状としては、一日中塞ぎ込む発動性の低下が顕著であったので、家族の見守り、看視、声掛けが必要なことを医学的意見に記載していただくようお願いした。
日常生活状況報告書も家族と共同作業で時間をかけてまとめあげ、完璧な立証で被害者請求を行った結果、2級1号が認定されたもの。