概要

バイクで走行中、交差点において、後方からの右折車に巻き込まれたもの、

問題点

意識障害所見が、甘く、高次脳の認定要件を満たしていなかった。

立証のポイント

画像分析で、右前頭葉と左側頭葉に脳挫傷を確認した。
意識障害所見は、要件を満たしていなかったため、主治医面談で確認した。
その結果、カルテなどから意識状態が再確認され、訂正受けることができた。
その後、症状と画像を再検討し、必要な神経心理学的検査をオーダーし、症状固定ではm主治医と入念な打ち合わせを行い、後遺障害診断書などの作成がなされた。
結果、9級10号が認定され、連携の弁護士にバトンタッチをしたもの。