概要

自転車で走行中に、後方より進行してきたトラックに追突されたもの、

問題点

相談会に参加されたとき、既に後遺障害診断書や神経系統の医学的意見などが作成されていたが、その内容はほとんど白紙で、「家族に確認してください。」 の羅列が繰り返されている代物であった。、神経心理学的検査も長谷川式の簡易的なもののみで、検査としての意味をなしていなかった。
痴呆的な症状もあり、高次脳の症状との差別化が困難な状況であった。

立証のポイント

痴呆症状はすべて排除し、高次脳の症状と予想される症状のみをピックアップし、それらを後遺障害診断書などの医証に落とし込んだ。
また、必要な神経心理学的検査をすべて行い、医学的意見については、入念に、専門医と打ち合わせを重ねながら作成をお願いした。
結果、2級1号が認定され、連携の弁護士にバトンタッチをしたもの。