概要

自転車で交差点を走行中に、自動車に側面衝突されたもの、

問題点

独り暮らしであったため、症状のあぶり出し、すり合わせの困難が予測された。
画像所見・材料がやや甘かった。

立証のポイント

画像分析では、前頭葉の脳挫傷と硬膜外血種が確認できた。
症状については、自己申告であり、把握が極めて困難であった。
医師面談では、症状のあぶり出しが必要であることを説明し、相当に広範囲な神経心理学的検査の実施をお願いした。
また、画像については、MRI・T2スターで補強、単身者であったので、日常生活状況報告書の作成は困難を極めた。
神経心理学検査の結果と自覚症状に整合性に乏しく、主治医面談で、医学的意見として様々な調整をお願いした。
極めて困難な立証作業であったが、7級4号が認定された。
独り暮らしの高次脳の立証は、非常に困難な作業であると、今更ながら、認識させられた。