概要

バイクの後部座席に同乗して直進中、対向右折車と衝突したもの、

問題点

受傷後、脳幹出血のため意識の回復が遅れ、最悪では、遷延性意識障害も予想された。
髄膜炎を併発し、非常に重篤な状態が続いた。

立証のポイント

脳幹出血、びまん性軸索損傷、くも膜下出血のため、非常に重篤な状態が続いた。
3カ月を経過して、ほんの少しずつ意識が回復してきたものの、話すことはできなかった。
左片麻痺のため、車椅子が必須であり、神経心理学的検査も多くが実施不能であった。
来るべき訴訟に備え、介護費用の請求について弁護士と打合せながら綿密に進めた。
高次脳についても、実施できる検査はお願いし、特に注意障害、記憶障害について重度なレベルであることが判明した。
また、入院中に髄膜炎を発症し、そのためか、生理が止まった状態となった。
それについては、産婦人科医と医師面談、後遺障害診断書の作成を依頼した。
結果、2級1号が認定された。
なお、生理が止まったことについて、自賠責保険調査事務所は、該当する項目がないとして認定不能の結果がもたらされた。
今後、訴訟で主張していくこととして、連携の弁護士にバトンタッチをしたもの。