概要

自動車で高速道路を走行中に、追突されたもの、

問題点

相手が無保険で、ご家族が混乱状況にあり、また初めての交通事故経験で、主治医との意思疎通もうまく進まず、高次脳について、ほぼ必要な検査が実施されていない状態であった。

立証のポイント

意識障害の所見を取り付け、高次脳の要件を満たしていることを確認する。
同時にCT画像から、びまん性軸索損傷、くも膜下出血、硬膜下血腫の存在を確認する。
症状については、ご家族よりは、
①話し方が事故以前と変わった?
②言葉が出にくい?
③物忘れがひどい? などの訴えがなされた。
まず、高次脳の専門病院をご紹介し、また労災であったため労災の諸手続を急いで行う。
被害者に同行して専門病院に赴き、専門医には、神経心理学的検査を依頼し、特に、言語性について2つの検査の実施をお願いした。
記憶障害の検査であっても、言語性のもの、視覚性のものなどがあり、どの検査で立証するかは、被害者の症状を観察して、熟慮する必要がある。
専門病院での医証に加え、初診から通院の治療先でも、高次脳の検査結果などを踏まえて、後遺障害診断書など、医証の作成を依頼する。
7級4号が認定、顔面の醜状痕12級との併合で、併合6級が認定され、連携の弁護士に引き継いだ。