高次脳110番 目次

下線がついている項目をクリックすると各ページをご覧頂くことができます。また、下まで進んで行きますと、次のページへ進むボタンがあり、読み進めて頂くことも可能です。

1.重度後遺障害の対応について
(1)後遺障害の立証では
1)全件、治療先で医師面談
2)全件で専門医を紹介、
3)専門医のセカンドオピニオン、意見書

(2)弁護士による解決では
1)弁護士による二次被害
2)弁護士、得意とする専門分野
3)交通事故に特化した弁護士とは

2.高次脳機能障害とは?
(1)高次脳機能障害者に特有な症状・行動
1)病識の欠如
2)遂行機能障害
3)記憶障害
4)失語症
5)半側空間無視
6)地誌的障害
7)失行症
8)失認症
9)注意障害・行動や情緒の障害

(2)高次脳機能障害が認定される3つの要件
1)頭部外傷後の意識障害所見
2)傷病名
3)画像所見

(3)被害者とその家族が直面する問題
1)治療先で、適切な診断と治療が受けられない。
2)後遺障害の重さが正当に評価されない?
①こんな面倒な立証作業を被害者の家族だけで、やりきることができるのか?
②現在の治療先で大丈夫なのか?
3)介護料が認められにくい?

(4)高次脳機能障害 チーム110の実績

(5)弁護士の立証?

設問1.裁判所における損保の主張について、過失割合と介護料
設問2.裁判、和解と判決の違い?
設問3.歩行中の自転車との交通事故、自転車同士の交通事故?
設問4.自動車なのに、自賠責保険が免除?
設問5.裁判所に高次脳の等級認定を求める?
設問6.特定の地方裁判所には、交通事故の専門部がある?
設問7.損保の尾行や隠し撮り
設問8.事故当時、無職で家事従事者の逸失利益は?
※交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言

設問9.賃金センサス31歳では?
設問10.過失事案、任意一括の拒否?
設問11.全国対応と費用の問題?
設問12.セカンドオピニオンの重要性?
設問13.高齢者の高次脳?紛争処理センターにおける示談の斡旋?
設問14.画像所見がなく、意識障害も認められないとき?
設問15.高校生・大学生の逸失利益?
設問16.障害者自立支援法に基づく公的介護?
設問17.症状は、いずれ改善する?
設問18.介護にレスパイト?
設問19.将来の介護料のまとめ?
※中枢性尿崩症(ちゅうすうせいにょうほうしょう)

設問20.女性の働く権利?
設問21.子どもの高次脳について?
※幼児・生徒・学生の逸失利益の算定方法について

設問22.事故による自殺と因果関係?
設問23.自賠責保険非該当を裁判で5級2号に?
設問24.減収なしで逸失利益を否定?
設問25.修行期間中の年収と逸失利益?
設問26.職場復帰と労働能力喪失率?
設問27.個人事業主の年収?
設問28.被害者に病識がない?
設問29.独り暮らしでも、家事従事者?
設問30.高次脳裁判の原点、懲罰的慰謝料、初めての画期的な判決?
設問31.非接触事故でびまん性脳損傷?
設問32.ひき逃げと無保険?
設問33.過失が80%もあるのに裁判?

(6)高次脳機能障害が想定される頭部外傷傷病名?
1)脳挫傷
2)急性硬膜外血腫
3)急性硬膜下血腫
4)外傷性くも膜下出血
5)びまん性軸索損傷
6)外傷性脳室出血
7)慢性硬膜下血腫
8)頭蓋骨陥没骨折と外傷性てんかん
9)頭蓋底骨折

高次脳機能障害における実績

各実績については、クリックして頂くと詳細をご覧頂けます。また、こちらから順にご覧頂くこともできます。

時系列都道府県 年代・男女 障害等級
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61