東京地裁民事第27部、大阪地裁民事第15部、名古屋地裁民事第3部は、全国の地方裁判所の中で交通事故による損害賠償請求訴訟を専門的に取り扱う部であり、交通事故の裁判や実務において指導的立場にあると言われています。

ちなみに、平成26年度の全国における交通事故の訴訟件数は1万3500件ですが、東京地裁民事第27部は1400件、10.37%の事件解決をしています。

横浜地裁民事第6部は集中部であり、交通事故事件は、第6部に回されます。
しかし、民事第6部は交通事故事件のみを担当しているのではなく、多の事件も扱っています。
専門ではないけれども、集中的に交通事故を扱うので、専門部制と呼ばれています。