脊髄損傷の検討

Q Aさん(高校生)は、アルバイト帰りに自転車で道路を走行中、直進してきた自動車と衝突し転倒、T4胸椎脱臼骨折、胸髄損傷により両下肢麻痺などの重傷を負いました。
後遺障害1級1号の認定を受け、相手方保険会社からの示談提示があったものの、その内容に疑問を持ち、ご家族が○○法律事務所に相談にお越しになりました。

A 交通事故によって胸髄損傷という重大な障害を負った10代の若者が、今後、その障害を一生抱えて生きていかなければならないという事実を重く受け止め、ご家族とご本人様に対し、しっかりとした賠償を求めていくことをお約束しました。

まず、相手方保険会社の示談案を検討したところ、相手方保険会社からの提示額では、将来治療費、将来通院交通費、将来通学交通費、近親者慰謝料が計上されていないなど、かなり少なく見積もられていました。また、重度後遺障害であるため、支払い済みの費用もかなり高額かつ費目も多岐にわたるため、計算はかなり煩雑なものとなりましたが、担当弁護士、スタッフが一丸となって調査と計算をすすめました。また、ご本人の現状も確認、検討のうえ注意深く損害額を算定し、相手方保険会社との交渉をすすめ、ご本人とそのご家族に有利な金額を引き出すことができました。

また、○○法律事務所で調査の結果、Aさんの父親が人身傷害保険に加入しており、Aさんの交通事故であっても、父親加入の同保険からも支払いが受けられることがわかりました。
人身傷害保険は、被害者に過失がある場合、本来、加害者側から支払いを受けることができない過失部分の損害を全額回収できる可能性があります。
本件でも、Aさんに過失があったため、人身傷害保険を先行して請求することで、過失部分の損害を含めた全損害額を回収することができる状況でした。
しかし、Aさんのご家族が加入する人身傷害保険会社は、ご家族にその内容をきちんと説明していませんでした。そこで、○○法律事務所は、約款を確認したうえで人身傷害保険金の請求をすることにしました。人身傷害保険会社との調整は、損害賠償請求権の代位の範囲という専門的な論点を巡り難航しましたが、最高裁において既に一定の結論が出されていることを担当弁護士は丹念に説明し、何とか適正な金額を引き出すことができました。

結果としては、Aさん自身の過失割合部分についても人身傷害保険金によってカバーされ、相手方からの賠償もふくめてAさんの損害について最大限の補償を受けとることができ、Aさんおよびご家族にも喜んでいただけました。
交通事故においては、相手方保険会社のみならず、ご自身の加入されている保険会社であっても、必ずしも適切に対応するとは限りません。

特に脊髄損傷のような重度後遺障害の場合には、言われたまま支払われる場合と弁護士に依頼した場合では、得られる金額に大きな差が生じることも考えられます。
ご家族が大変な障害を負われたなかで、専門知識を持つ保険会社と交渉することは一筋縄ではいきません。まずはお気軽にお問い合わせください。

NPOジコイチのコメント

少し知識のある者が読み込めば、嘘は丸見えとなります。

①「T4胸椎脱臼骨折、胸髄損傷により両下肢麻痺などの重傷を負い・・・後遺障害1級1号・・・」
⇒常識的に、T4胸椎の脱臼骨折による胸髄損傷では、下肢の機能は対麻痺で失われますが、上肢の機能は保たれており、そんなときは、1級1号ではなく、1級3号の認定となるのです。

②「相手方保険会社からの提示額では、将来治療費、将来通院交通費、将来通学交通費、近親者慰謝料が計上されていない・・・」
⇒症状固定として後遺障害等級が認定されたのですから、近親者慰謝料は分かりますが、将来治療費、将来通院交通費、将来通学交通費が損害として計上されることはありません。
なお不思議なことに、将来介護料、住宅の改造費、介護備品や雑費が一切、議論されていません。

③「また、重度後遺障害であるため、・・・計算はかなり煩雑なものと・・・担当弁護士、スタッフが一丸となって調査と計算をすすめました。」
⇒治療費は、診療報酬明細書に記載されており、その他の費用は、損保の計算書に明示されており、振り込まれた通帳を検証するだけの作業です。
こんなことで、担当弁護士、スタッフが一丸となることは、常識としてあり得ないのです。

④「ご本人の現状も確認、検討のうえ注意深く損害額を算定し、相手方保険会社との交渉をすすめ・・・に有利な金額を引き出すことができました。」
⇒有利な金額が示されておらず、訴訟の検討もなされておらず、具体性がありません。

被害者は、T4胸髄損傷で対麻痺となっており、排尿・排便障害で苦しみ、日常は、車椅子に頼る生活で、自律神経失調や痙性は十分に予想される症状です。
であれば、被害者の具体的な症状を主治医の意見書、家族の陳述書で立証し、職業介護と家族介護を併用した高額な将来介護料や住宅の改造費、介護備品、介護雑費を請求しなければなりません。

被害者が18歳であれば、訴訟で立証に成功すれば、将来介護料は1億円を超えます。
逸失利益も、全年齢平均賃金なら1億円に届きます。
これに住宅改造費1000万円、介護備品や介護雑費の1400万円、近親者の慰謝料、ご両親で500万円、本人慰謝料2800万円を見込めば、損害総額は2億4700万円位になるのです。

もし、請求して獲得していれば、詳細を記載して、自慢タラタラで大騒ぎするはずです。
おそらく、将来治療費、将来通院交通費、将来通学交通費、近親者慰謝料などが、計上されていないと指摘して請求したものと思われ、これなら、損保は、弁護士の言いなりで支払います。
なぜなら、全部払っても、1000万円に満たないからです。

⑤「Aさんの父親が人身傷害保険に加入しており・・・ご家族にも喜んでいただけました。」
⇒ページ全体の55%が人身傷害保険から先行回収したことの説明となっています。
こんなことは、麻雀で言えば、アホでもできるトイトイホーで、紙面の50%以上を割いて説明することではなく、私なら、多くても3行で解説が終わります。
なんでもないことで、自慢が過ぎるので、底の浅さを証明しているのです。

⑥「言われたまま支払われる場合と弁護士に依頼した場合では、得られる金額に大きな差が生じることも・・・ご家族が大変な障害を負われたなかで、専門知識を持つ保険会社と交渉することは一筋縄では・・・まずはお気軽にお問い合わせください。」

脊髄損傷の検討

こちらの法律事務所は、サラ金で荒稼ぎしてから、交通事故に参入しています。
HPも派手で、弁護士も人数はソコソコいます。
しかし、損保との話し合いで、1級の胸髄損傷で2億円以上を獲得する実力はありません。
損保は、ご理解の通り、専門知識を有していますから、それほどオバカではありません。
この示談解決で、「してやったり!」 大笑いしていることでしょう。

その他に、中心性脊髄損傷、骨盤骨折の5級2号、頚椎症性脊髄症の9級10号、中心性頚髄損傷で12級13号の3例の実績が掲載されていますが、いずれも裁判ではなく、損保との話し合い解決となっています。5級2号では、住宅改造や将来介護料を獲得した様子もなく、素因減額を10%に食い止めたことを大袈裟に自慢しています。訴訟であっても、キチンとした立証ができたのか?
この手の法律事務所が、HPでは、交通事故の専門家を謳っているのです。

読んでいて、寒気がしてきます。
皆様も、弁護士選びでは、神経質になってください。