被害者の大切な命が奪われる死亡事故は、交通事故の中では、もっとも悲惨で、重い被害です。
特に、朝、「行ってらっしゃい!」と送り出したお父さんが、通勤途上の交通事故受傷で即死されたようなとき、家族は、なにが起こったのか、現実を受けとめることすらできません。
相談を受けていても、かける言葉を見つけ出せないことが多いものです。

公益財団法人 交通事故総合分析センターの報告によれば、交通事故死者数は、昭和45年に1万6765人の過去最多を記録しましたが、それ以降減少し、平成29年度中は、3694人と昭和24年以来の統計で68年振りに最小となりました。

項目 人数 前年比 増減率
死者数 3694人 -210人 -5.4%
交通事故発生件数 47万2069件 -2万7132件 -5.7%
負傷者数 57万9746人 -3万9107人 -6.7%

死亡事故としてカウントされるのは、受傷から48時間以内に死亡された人の数であり、現実の交通事故相談では、これらの統計から外れる被害者が多いのです。
上記に、労災事故の30万件を含めると、死者数は、まだまだ増えることになります。
1年間で77万件の事故が発生しており、少なくとも80万人以上が怪我をしているのですから、手放しで喜べる状況にはありません。