自賠責保険に対する仮渡金290万円の請求

交通死亡事故で、加害者が過失責任を認めないときなど、適正な賠償金を得るまでに、相当な時間を要してしまうことがあります。また、突然の死亡事故で一家の大黒柱を失い、生活苦のために、損保の提示額をそのまま受けてしまう遺族もおられます。
そして、こんなときの損保の提示額は、窮状に付け込んで低額であることがほとんどです。

そこで、当面の暮らしを支えるために、自賠責保険に対して仮渡金を請求することができます。
仮渡金は、最終的な賠償額が決まる前に、所定の書類を提出することで定額が振り込まれます。
交通死亡事故における仮渡金の額は、290万円です。

NPOジコイチは、仮渡金の請求に必要な書類作成や手続きのサポートを行っています。